全世界に出て行き、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。マルコ16章15節

リバイバルミッション とは

リバイバルミッションは、日本の愛知県を拠点に、日本および世界のリバイバルと滅びゆく魂の救いを願い、各地での伝道大会をはじめとする「リバイバル運動」を展開する宣教団体。

1970年に日本のリバイバルを求めて滝元明、田中政男によって創立された「日本リバイバル・クルセード」を前身とする。1993年に開催された「全日本リバイバル甲子園ミッション」を機に、1994年1月より「全日本リバイバルミッション」に改称、甲子園球場、日本武道館、東京国際フォーラムなどの大都市の会場をはじめ、北は北海道から南は沖縄まで、様々な地域でリバイバル聖会、伝道大会を開催。同時に、リバイバルを求める祈りの運動を全日本に呼びかけて、霊的戦いの祈りを推進し、日本の宣教史上に新しい扉を開く。さらに、2007年にはハワイ、2009年には韓国、その後、タイ、台湾、インド・ナガランドでも伝道大会・聖会を開催し、日本及び世界のリバイバルを願い前進してきた。

25年を経て、創設者の滝元明、田中政男両師も天に帰り、新たな時代に引き継ぐために、これまでの実行委員会を解散し、新たな組織としてサーバントチームを結成し2018年4月より新制「リバイバルミッション」を設立した。現在サーバントチームは9名の若手スタッフで運営を進めている。これまで全日本リバイバルミッションの中から生まれて来た働き(ざわめき、SIRネットワーク、滝元明ミニストリー、プレイズ出版)を担うスタッフ達がタグを組み、より総括的にリバイバルの働きを推し進めて行くために強力体制を強化している。

顧問:有賀喜一
顧問:有賀喜一
顧問:平岡修治
顧問:平岡修治
顧問:滝元順
顧問:滝元順
顧問:山崎ランサム和彦
顧問:山崎ランサム和彦
 

サーバントチーム

上條実 (リバイバルミッション事務局長・新城教会牧師)
石塚誠孝 (リバイバルミッション運営専任スタッフ)
宮平ゆかり (リバイバルミッション運営専任スタッフ)
滝元開 (ざわめき代表・新城教会牧師)
田中進 (リバイバルミッション協力伝道者・グレイスライフチャーチ牧師)
平岡新人 (リバイバルミッション協力伝道者・橋本バプテスト教会牧師)
岡本信弘 (プレイズ出版代表・新城教会牧師)
岩井寛 (ウエストリバイバルサウンド、滝元明ミニストリー、MARM代表)
岩井道子 (ウエストリバイバルサウンド、滝元明ミニストリー、MARMコーディネーター)
鈴木里辺架
中山泉

顧  問

有賀喜一
平岡修治
滝元順
山崎ランサム和彦

 

リバイバルミッションの主な働き

● リバイバルミッション2020

リバイバルミッション2020の目的は「宣教」と「地域教会を助ける」働きです。

<伝道集会>

リバイバルミッションは地域教会にお仕えする働きです。地域教会の宣教をサポートするために、メッセンジャー、音楽ゲスト、音響スタッフを派遣します。またこれに伴う費用(謝礼、交通費、宿泊、宣伝用チラシ500枚までは無料提供)をリバイバルミッションがすべて負担し、集会時の席上献金を献げて頂く形で行っています。現在日本の教会は全国に約7,900余りの教会数がありますが、平均礼拝出席者数は40名足らずです。地域教会が経済的な問題や人員不足により「伝道会は開催したいがゲストや講師を呼ぶ費用がない」「開拓教会で伝道集会のノウハウがわからない」「無牧教会(牧師不在)で信徒だけで礼拝を守っている」などの声を多く聞きようになりました。リバイバルミッションは、そのような教会を助け、日本の失われていく魂に福音を宣べ伝えるべき使命の中で、どんな片田舎の教会であっても、少人数の集会であっても喜んで出かけて行き教会の宣教の働きをサポートさせていきたいと願っております。

<リバイバル聖会・霊的戦いセミナー>

リバイバルミッションでは2019年より信徒の方々に向けてのリバイバル聖会また霊的戦いセミナーを開催させていただいております。教会、地域、日本のリバイバルを願い、皆が燃やされて福音宣教のために力強く働く為に、共に祈り、励まし合う集会が必要です。リバイバル聖会、セミナーは講師のみの派遣となりますが、伝道集会と同様に開催費用はリバイバルミッションが持ち、席上献金のみで開催可能です。ぜひあなたの教会でもリバイバルに備えて集会を開催下さい。

 

● 霊的戦い専門課程・各種セミナー

2018年3月にリバイバル聖書神学校が閉校し、その働き新たな形で拡げて行く為の布石として「霊的戦い専門課程」が毎月2度に渡って行われています。
現在は「霊的戦い専門課程」「リバプレセミナー(賛美による霊的戦い)」「戦略的とりなしと調査専門課程」の3つのセミナーが行われています。
リバイバルミッションの働きは霊的戦いを中心とした祈りの運動と共にあります。
私たちの格闘は、血肉に対するものではなく、主権、力、この暗闇の世界の支配者たち、また天にいるもろもろの悪霊に対するものです。エペソ6章12節
とあるように、福音宣教に伴う戦いは、この世の君である悪魔、悪霊との戦いです。
それでもなお私たちの福音におおいがかかっているとしたら、それは、滅びる人々の場合に、おおいが掛かっているのです。その場合、この世の神が不信者の思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光にかかわる福音の光を輝かせないようにしているのです。コリント第二4章3~4節
福音におおいをかけている暗闇に対して、私たちは霊的戦いの視点を持って戦うと共に福音宣教を推し進めなければならないと信じています。
霊的戦いを理解するには聖書のみ言葉から霊的戦いを学ぶ必要があります。そのために様々な視点から霊的戦いの学びの時を提供しています。
またこの他に、「みことば塾」「だれでもわかる霊的戦いセミナー」なども東京、大阪などの都市圏においても開催しています。

 

ワールドリバイバルミッション

全日本リバイバルミッションが海外での働きを展開することになった経緯は、太平洋戦争で日本が世界の中で侵略した地域での和解と宣教の働きをすることからでした。これまで、ハワイ、韓国、タイ、インド・ナガランド、台湾などで行って来ましたが、新制リバイバルミッションの働きが始まり更に世界に出かけて行っての働きが拡大しています。2020年は、北インド、ハワイ、韓国、世界の国々へ出かけて行き、各地において賛美ととりなしの祈りと共にリバイバルミッションを行う予定です。

 

Pray for revival

毎月第二週目木曜日、朝10時よりインターネットのyoutube LIVEを通して、日本及び世界の方々と繋いで祈る集会が持たれています。リバイバルの原動力は「祈り」にあります。様々な祈りのプランと共に、月に一度インターネットで祈りの勇士達が心を合わせ、日本と世界のリバイバルを祈る時に必ずこの地に変革がもたらされると信じています。またこの集会では祈りのリクエストをリアルタイムに募集し祈る時も持たれています。

https://www.youtube.com/c/.Revivalmission2018
祈りのリクエスト受付●revivalmission.pray@gmail.com

 

新年24時間集会&リバプレ48

リバイバルミッションでは毎年1月1日~2日と5月のゴールデンウィークに賛美と祈りの集会が開催されています。お正月は24時間連続で賛美と祈り、そしてメッセージで新しい年、主の御名をほめ讃える事から始まります。またゴールデンウィークには48時間絶え間なく、賛美、祈り、メッセージの時が持たれています。長時間神さまの栄光をほめ讃える時に、主の臨在と栄光が現され、素晴らしい恵みを受け取る特別な時が持たれています。

 

47都道府県プレイヤーウォーク

日本の47都道府県の主要な場所をとりなし祈るプレイヤーウォークがSIRとのコラボで行われております。地域のポイントとなる場所を巡り、ある時は歩いて、また電車で巡り、車で全国を巡り、その地域の教会と共に祈りの時が持たれています。

リバイバルミッション
〒441-1307 愛知県新城市富沢407-1
フリーダイヤル 0120-291-372
TEL/0536-23-6712
FAX/0536-23-6220
office@j-revival.com

メニューを閉じる